100切り

【100切り】ドライバーは一切不要です【飛ばさなくてもOK】

ドライバーが苦手だ。ティーショットでOBばかり打ってしまうし、ナイスショットがなかなか打てない。100切りしたいけど、ドライバーって必要かな?

 

こういった方向けの記事です。

結論ですが、ドライバーを使わなくても100切りできます。100切りができるかは、ショートゲームのうまさで決まるから。

ドライバーにこだわって、OBやチョロなどを連発すれば、スコアメイクは難しいです。

 

ドライバーを練習して、上達するに越したことはありませんが、苦手意識が強い人は後回しでOKです。100切りはドライバーを使う必要ないので。

 

シングル兄さん
シングル兄さん
100切りをするのに、ドライバーが不要な理由を詳しく解説していきますね!。

【100切り】ドライバーは一切不要です【飛ばさなくてもOK】

ドライバーは1番難しいクラブだと思います。

シャフトが長いので、操作するのが簡単じゃないからです。

 

プロゴルファーでさえ、ティーショットでOBを打ったり、大きく曲げたりすることもあるので、我々アマチュアがミスするのは当然ですよね。

 

ドライバーがめちゃくちゃ苦手で不安な方は、1番真っ直ぐ打てるクラブで打ってください。スプーンやクリーク、ユーティリティなどでティーショットするとかですね。

 

美女ゴルファー
美女ゴルファー
ドライバーが曲がるお兄さんは、封印するのもアリですよね!

 

100切りするためには、ある程度狙った場所へ打てる必要があります。

ドライバーで大きなミスをするよりは、多少飛距離を落としてでも、真っ直ぐ打てた方が絶対に良いですよ。

 

ドライバーショットボールは曲がりやすいから、何度もOBを打ってしまい、スコアメイクを阻害する可能性が高いです。

 

もちろんドライバーが上手く打てるに越したことはありませんが、ドライバーが曲がる人は苦手意識は強いでしょう。

 

そこであなたにオススメしたいのが、1番上手く打てるクラブでティーショットを打つことです。

 

なるべく真っ直ぐボールが打てるクラブがないかを確認してみてください。

ほとんどの人はスプーンやクリーク、ユーティリティなどで良いと思います。

 

ドライバーよりも、他のクラブでティーショットした方が真っ直ぐいく確率は高いですよね。

2打目はフェアウェイから打つことができます。

 

正直に言うと、100切りはボギーオンできれば十分に達成できます。

400ヤードの長いPar4でも、150ヤードずつ打てれば攻略可能です。

無理にパーオンを狙わずに、確実にボギーオンを狙っていけば大きなミスを減らせます。

OBやトラブルショットなどの大きなミスを減らせば、100切りは難しくありません。

 

さくら
さくら
ティーショットはドライバーを使わないといけない!って固定概念に縛られる必要はないですよ!

頭を使えば100切りは簡単ですよ【事実】

頭を使えば100切りは簡単ですよ。ゴルフは頭を使ってなんぼのスポーツ。

100を切ってやる!と意気込んでも、100は切れません。闇雲に練習しまくっても、ダメですね。

自分のプレースタイルを理解し、コースや自然と向き合うことは重要。

 

100切りできないゴルファーは自分で自滅していくパターンが多いです。

下記の本は非常に参考になるので、おすすめです。自分が頭の悪いゴルファーになっていないか?確認してみるのも良いでしょう。

 

ゴルフが上手い人ほど、シンプルにゴルフすることを意識しています。

だから、あなたもゴルフをシンプルにできれば、簡単に100を切れるはず。

それでは、どういうふうにゴルフをシンプルにしていくかを具体的に説明していきます。

シンプルなゴルフで100切りする方法【具体的】

ドライバーにこだわって、とことん練習するのも悪くはありませんが、スコアアップの近道ではありません。

 

特に100切りを目指しているゴルファーは、ドライバーを練習するよりも重要なことがあります。

 

ドライバーより重要なこと

アプローチを練習する

パターを練習する

コースマネジメントを学習する

 

この3点が非常に重要です。

なおこの3点が上手くなれば、100切りはもちろん90切りも見えてきます。

ドライバーに強くこだわりを持つ前に、この3点に注目してもらいたいです。

 

それでは、説明していきますね。

 

アプローチを練習する

まずはアプローチウェッジやサンドウェッジでアプローチを練習しましょう。

ゴルフが上手な人と下手な人の決定的な違いはアプローチの精度です。

 

下記の道具は室内でアプローチの練習が行えます。僕も使っていますが、少しクラブを握りたいときに気軽に練習できるのでサクッと使用可能。

 

よく練習場に行って、ドライバーをブンブン振り回す人がいますがナンセンスです。

 

ショートアイアンやウェッジでアプローチを練習すれば、スコアをアップさせやすいのですがそれに気づけずにわざわざ余計な練習をしてしまいます。

 

ゴルフは飛距離を打ち分けていくスポーツなので、距離感が大切です。

50ヤード残ってるなら、なるだけ50ヤードに近い距離を打つことができないと100は切れません。

 

なお、アプローチは感覚で打つタイプと振り幅で打つタイプと2種類に分かれています。

あなたがどっちのタイプか分かりませんが、しっくりとくる方を選びましょう。

 

アプローチは練習で感性が養われていくので、練習場では半分以上はアプローチに費やしてくださいね。

 

パターを練習する

100切りするなら、パターの練習は毎日しましょう。

 

家にマットを敷けば、毎日パターを練習できます。まっすぐ打つ練習をしてください。

 

 

ゴルフ本番前だけパターするとかは甘いです。良い成果は出ません。

パターは毎日10分でも良いので、練習するようにしてください。

コースマネジメントを学習する

コースマネジメントは超重要です。プロゴルファーもめちゃくちゃ考えてゴルフしているので、我々アマチュアもマネジメントを考えていきましょう。

 

コースマネジメントとは、コースの戦略です。

 

例えば、バンカーに入らないために短い番手を持つ、右側はOBだから左側を狙うなど、戦略を立てることです。

 

ゴルフは頭をかなり使うスポーツです。 最初は覚えることや知らないことが多いですが、慣れてきたり、知識が増えたりすると、面白くなっていきます。

 

マネジメントできるだけで、他のゴルファーと差ができるので、ちょっとでも良いので考えるゴルフを行ってみましょう。

まとめ

 

ドライバーが苦手で、良いショットイメージが湧かない人は、ちょっとだけドライバーを使わずに、プレイしてみても良いと思います。

 

重要なことは、スコアを向上させることです。自分が1番良いスコアが出るときの戦略を試行錯誤していきましょう。

 

スコアに直結するショットはアプローチとパターです。

アプローチとパターがそれなりに上達すれば、100切りは簡単です。

 

ドライバーの練習は100を切ってからでも十分良いと思うので、まずは100を切ることに最大限集中しましょう。

 

【2019】ローリー・マキロイのクラブセッティングを徹底解説しますツアー通算15勝(米メジャー4勝)PGAツアー選手、ローリーマキロイ。 イギリス、北アイルランドが生んだ怪物ゴルファーです。 ...

 

【2019】松田鈴英のクラブセッティングを徹底解説します平均ドラビングディスタンスが250ヤードを誇る、若手美女ゴルファー。 2017年のプロテストでは、黄金世代の1学年下の、小祝さくら...
ABOUT ME
Daisuke
Daisuke
ゴルフ暦3年の大学生ゴルファーです。ベストスコアが78で、平均スコアは85です。ゴルフスクールで学び、半年で100切り達成。(15ラウンド目くらい)100切りに才能は必要ないことを証明していきます。