100切り

ゴルフが難しい理由を6つ厳選。上達するためには継続力だけ【結論】

初心者
初心者
ゴルフってやっぱり難しいよね。どうすれば上手になるのだろうか。

 

こういう方向けです。内容は3分くらい。

ゴルフはスポーツの中でも、最も難しいスポーツと言えるでしょう。

運動神経が良い人でもなかなか上達が難しいのがゴルフです、

 

ゴルフが難しい理由を6つ厳選

ゴルフがどうして難しいかをじっくり考えてみました。

ゴルフを難しく感じるのは初心者や中級者だけはありません、上級者やプロでさえも、ゴルフの難しさを痛感していると感じます。

 

自分の思い通りにはなかなかいかないのがゴルフの難しさであり、醍醐味でもありますよね。

 

色々考えてみた結果、ゴルフが難しい理由を6つ厳選してみました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ゴルフが難しい理由

・同じ状況が二度と訪れないから

・ボールが止まっているから

・日によって体のバランスが違うから

・自然との戦いだから

・練習が報われないことが多いから

・少しのズレがミスを呼ぶから

 

これらがゴルフが難しい理由です。順番に詳しく解説をしていきます。

 

同じ状況が二度と訪れないから

ゴルフは同じ状況でショットすることは二度とありません。

同じようなシチュエーションでショットすることは何度もあると思いますが、似たようなシチュエーションでショットすることはありません。

 

例えば、残り100ヤードのショットでも風の向きや強さ、温度、湿度、ライ、天気などで全く違う状況になりますよね。

 

同じ状況が何度も訪れれば、ゴルフは割と簡単になるかもしれませんが、それはあり得ません。

その日、その時で状況に応じたプレーで適応しなければなりません。

 

あい
あい
ゴルフが上手くなるためには、適応力が必要ってことですね。

ボールが止まっているから

ゴルフはボールが止めっているから難しいのです。

野球やサッカー、バスケ、テニスなどのスポーツは動いているボールに対応するスポーツですがゴルフは違います。

 

ゴルフボールは動いて打つことがないので、逆に難しいです。

ボールが動かない分自分の動き次第でボールの行き先が決まってしまうので、ショットの些細な違いがミスショットに繋がってしまいます。

 

自分の動きがボールに敏感に伝わる分、繊細なクラブコントロールが要求されるのがゴルフの難しいところですね。

日によって体のバランスが違うから

日によって人間の体のバランスは違います。

昨日のショットは凄く良かったけど、今日のショットは酷くなってる・・・なんてこともよくあります。

 

それは人間の体のバランスが日によって変化するからです。

したがって同じようなスイングフォームを固めることができても、体のバランスがズレるので難しいです。

 

だから、当日のゴルフで修正する能力が問われます。

体のバランスを変えないことは不可能ですので、その日の体のコンディションに合ったスイングに修正できるかが鍵となっています。

自然との戦いだから

ゴルフは自然との戦いです。

雷が鳴ったり、ゴルフ場がクローズにならない限りゴルフはあります。

自然とどうやって上手く付き合えるかがポイントです。

 

風の強さを肌で感じることや雨のときのボールの飛距離、グリーンのスピード、バンカーの種類など。

ゴルフ上級者になるにつれて、自然と上手くシンクロしています。

 

自然とうまく付き合うのは簡単ではありませんが、慣れていけばできるようになるので、数をこなす必要がありますね。

練習が報われないことが多いから

ゴルフは練習がすぐに報われにくいと感じます。

ワンポイントレッスンなどでショットが良くなることはありますが、寝て仕事して、2日経てば体が忘れています。

 

一時期良いけど、時間が経てばできなくなることが多いってことですね。

いかにして、反復練習を繰り返して体に染み込ませることができるかが重要です。

 

言うのは簡単ですが反復練習を続けるのは結構キツイですよね。しかもすぐに報われないことが多いので、伸び悩む時期とかはあるあるなので。

少しのズレがミスを呼ぶから

ゴルフは少しのズレがミスを呼びます。

ほんの少しフェースが開くだけで曲がりますし、ほんの少し弱いだけでカップに届かショートしますし。

 

プロでも大きなミスをするスポーツなので、やっぱりゴルフの難易度は高めです。

 

ゴルフはミスをするスポーツだと割り切って、なるべくミスの幅を小さくすることがベストな感じです。

 

やっぱり上級者のミスは、はたから見ても大きなミスには見えないですし、そこまで大きなトラブルショットに繋がりません。

 

ミスの幅を小さくしつつ、ミスを減らすこともできればスコアは確実に向上するので頑張っていきましょう。

上達の近道は継続することだけ

上達の近道は継続することだけです。裏技とかあれば嬉しいですが、そんなものはありません。

やっぱり地道に継続を続けることが1番手っ取り早いですし、近道な気がします。

 

例えば100切りで考えてみると、1年で100切りできる人もいれば3年で100切りできる人、10年で100切りできる人と色々な人がいると思いますが、

100切りできたゴルファーの共通点は継続力です。

 

基本的には、コツコツドライバーやアイアンを練習して、アプローチやパターを念入りに練習していけば100切りは難しくありません。

 

コツコツ練習できるかが、100切りのポイントです。

やっぱりゴルフに裏技はありません。

まとめ

今回は「ゴルフが難しい理由を6つ厳選。上達の近道は継続するだけ【結論】」について解説しました。

 

ゴルフは他のスポーツと比べても、1番難しいスポーツだと感じます。

難しいがゆえに、上手くいったときは最高に嬉しいですし達成感や喜びを感じることができます。

 

ゴルフにハマってコツコツ練習を続けられるかが大事なので、コツコツ練習を頑張ってくださいね。

ABOUT ME
Daisuke
Daisuke
ゴルフ暦3年の大学生ゴルファーです。ベストスコアが78で、平均スコアは85です。ゴルフスクールで学び、半年で100切り達成。(15ラウンド目くらい)100切りに才能は必要ないことを証明していきます。