100切り

ボギーオンができない原因はアイアンショットが全てですよ【事実】

ゴルファー
ゴルファー
ボギーオンがなかなかできない。ボギーオンできれば、100切りは余裕なのに。ボギーが取りたいけど、ボギーオンするにはどうすれば良いのかな・・・?

 

結論ですが、アイアンショットを磨きましょう。

ボギーオンできない最大の原因は100ヤード以内のショットでグリーンに乗らないから。

 

安定して、ボギーオンができれば、100切りはもちろん90切りも射程圏内ですので、重要です。ショートゲームはめちゃくちゃ重要。

それでは具体的に説明していきますね。

ボギーオンができない原因はアイアンショットが全てですよ【事実】

ボギーオンができない原因はアイアンショットが全てと良いました。

アイアンショット、特にPWやAW、SWなどのウェッジ系を重点的に練習してください。

 

美女ゴルファー
美女ゴルファー
アマチュアゴルファーの大半は、パーオンせずに、100ヤード以内の3打目が残りますよね。3打目でグリーオンすれば、ボギーオンはできます。

 

この3打目のアプローチで乗らないと、ボギーを取る難易度は一気に上がります。ダブルボギーを覚悟しないといけません。

 

グリーン周りのアプローチも重要ですが、100ヤードくらいのショートアイアンで打てる距離は自分が狙ったところに打てる訓練はするべきです。

 

アプローチ練習は練習場に行かなくても、手軽に自宅や駐車場で行えるので、できれば毎日してもらいたいですね。

ぶっちゃけた話、ドライバーで250ヤードまっすぐ打てても、100ヤードの距離でグリーンに乗らなかったら100切りは難しいですよ。

 

シングル兄さん
シングル兄さん
アマチュアゴルファーの大半は、パーオンせずに、100ヤード以内の3打目が残りますよね。3打目でグリーオンすれば、ボギーオンはできます。

 

ボギーオンできれば100切りは簡単にできる

そもそもボギーオンとは、グリーンオンして2パッとできたらボギーということです。

 

つまりPar4では3打でグリーオン、par5では4打でグリーオンするとボギーオンという意味ですね。

パーオンはよく使われる言葉なのでよく知られていますが、ボギーオンを知っているゴルファーは多くないので、この際覚えておきましょう。

 

ボギーオンができれば100切りができると言いました。なぜならボギーオンできれば2パットでボギーだからです。

 

18ホール全てボギーだとスコアは90です。実際には全てボギーとはいかないので、ダブルボギーやトリプルボギーも出てしまいます。

 

ボギーが10個でダブルボギーが8個だとスコアは98です。これで100切り達成可能ですね。

 

あい
あい
ボギーを10個以上取れたら100切りが見えてくるってことですね。ボギーをしっかりと拾っていきましょう。

 

ボギーオンの方法【簡単】

それではボギーオンするために重要なことを考えていきましょう。

とは言ってもボギーオンを目指すゴルフは難しくないです。難しくないけど100が簡単に切れるというお得な方法です。

100が切れたらゴルファーのトップ20%以内に入れますので、ちょっとだけ頑張ってみましょう。

 

ボギーオンの方法

・100ヤード以内を1打で乗せる

・3パットしない

・OBを打たない

 

この3点ができれば、ほぼ確実にボギーオンすることが可能です。

とは言ってもそこそこ練習をする必要があります。順番に説明していきます。

 

100ヤード以内を1打で乗せる

100ヤード以内を1打で乗せるようにしましょう。

ボギーオンできない方の多くは100ヤード以内のアイアンショットがうまく打てないので、何度も叩いてしまいます。

 

したがって、ショートアイアンやウェッジをしっかりと練習する必要があります。

100ヤード以内のショットは練習で距離感を養っていくしかありません。

 

距離が短くなっていくほど正確なショットが求められるので、振り幅で距離を打ち分けていきます。

簡単な例をあげるとサンドウェッジで30ヤードを打つときは、膝の高さでクラブを振るという感じです。

 

日頃の練習でフルショットせずにコントロールを重視したショットで100ヤード以内の距離感を作り上げていきましょう。

3パットしない

3パットをしないようにしましょう。

3パットをする原因は1パット目で距離感が合わなかったり、ショートパットを外してしまうことです。

 

パターは距離感が重要なので、グリーンのスピードと自分の感覚をより近づける必要があります。

グリーンのスピードが自分の感覚に合わないと大きくショートしたり、オーバーしてしまったりします。

これだと難しい2パット目が残ってしまうので3パットしてしまいますね。

 

そして残り1メートルくらいのショートパットは何が何でも決める気持ちでいきましょう。

ショートパットを外してしまうとボギーは取れなくなってしまいます。

 

ショートパットを決めるには強めにしっかりと打つことが大切です。

強めに打てばラインは浅く読めますし、ボールが切れにくいからです。

 

100切りするためには可能な限り3パットは無くしていきましょうね。

OBを打たない

OBを打たないようにしましょう。

なぜならOBを打ってしまうとダブルボギーも取ることが困難だからです。

 

OBが多い方はOBを減らすことが大事です。

例えばティーショットのドライバーでOBを打ってしまう方はドライバー以外でティーショットすることをおすすめします。

 

ドライバーは難易度が高く、ミスしたときのリスクが高いからです。それに100切りするのにドライバーは不要です。

 

【100切り】ドライバーは一切不要です【飛ばさなくてもOK】 こういった方向けの記事です。 結論ですが、ドライバーを使わなくても100切りできます。100切りができるかは、ショ...

スコアアップを最優先するならドライバーを封印することも考えて良いと思います。

結局はアイアンとパターができれば100切りはできるのでドライバーは後回しで良いでしょう。

まとめ

今回は、「ボギーオンできれば100切りは簡単にできる【具体的に説明】」について開設しました。

 

パーオンは難しいけど、ボギーオンは割と簡単です。難易度が低いけど実際にできる方は少ない。

 

紹介したボギーオンのやり方3つを継続すればボギーオンは非常に簡単です。

ボギーオンができてくれば90切りも見えてきますので、頑張っていきましょう。

【女子ゴルフ黄金世代】令和の女子ツアーを牽引する【奇跡の世代】 黄金世代の定義を、97年生まれ〜99年生まれで紹介しています。 【女子ゴルフ黄金世代】令和の女子ツアーを牽引する【奇跡の世代】...
ABOUT ME
Daisuke
Daisuke
ゴルフ暦3年の大学生ゴルファーです。ベストスコアが78で、平均スコアは85です。ゴルフスクールで学び、半年で100切り達成。(15ラウンド目くらい)100切りに才能は必要ないことを証明していきます。