100切り

100切りできない原因を解説します【解決策あり】

いくら練習しても100切りできない。練習場では上手く打てるけど、実際のコースだと全然上手くいかない。どうすれば100が切れるのかな。

こういった方向けの記事です。この記事を書いている私は1年で100切りし、現在ではベストスコア80を達成しました。

 

全ゴルファーの8割くらいは100切りできないゴルファーで、ほとんどの方が100を切れない感じですね。非効率的な練習や間違ったコースマネジメントで自滅する方が多いと思います。

 

結論ですが、100切りは誰でも達成できます。正しい練習方法とコースマネジメントができれば、センスが無くても100切り可能です。

 

今回は100切りできない原因と100切りするための解決方法を解説していきます。

100切りできない原因を解説します【解決策あり】

この記事を書いている私も100切りするまで苦労しました。良い感じに前半を終えても最後にOBを打ってしまい、100オーバーとかよくありました。

 

ゴルフはメンタルのスポーツと言われています。優勝争いをしているプロゴルファーが、普段では考えられないミスをすることもあります。とはいえ、実力がついてくれば自信もついてきますので、後からメンタルは強くなってきますので。

 

今回は100切りができない原因を精神論ではなく、技術的な内容を解説します。

正しいフォームが身についていないこと

100できない方は、正しいフォームが身に付いていないことが考えられます。上手なゴルファーは正しいフォームでショットしますので、ボールは安定し、しっかり距離も出ます。

 

正しいフォームの例を挙げると、ヘッドアップしていない、ダウンブローができている、リズム良くスイングできているなど正しいフォームにはいくつか共通点があります。

 

正しいフォームの代表例がプロゴルファーでして、プロのフォームは美しく芸術的です。プロのフォームをそっくり真似をするのは難しいですが、グリップの握りやボールの位置、スタンスの幅など真似できますよね。

 

正しいフォームを身につける方法として、自分のフォームをスマホで撮影し、分析する方法が手軽ですが結構難しいと思います。自分のフォームを自分で修正するのはプロでも難しいからです。

 

一番確実なのはレッスンプロから習う方法です。タイガーウッズですらコーチを雇ってフォームを分析するので、初級者が我流でフォームを修正するのはかなり難しいかと思います。

使っているゴルフクラブが自分に合っていないこと

ゴルフは自分に合ったクラブを使うことが非常に重要です。なぜなら、正しいフォームを身につけても自分に合わないクラブを使えば、上手く打てないからです。

 

具体例を挙げますと、男子プロ並にヘッドスピードが速いゴルファーが女性用のクラブで打ったらボールは曲がりやすいです。一方で、非力な女性が男性用のクラブを使うと、しっかり振るのが難しいです。

 

クラブによって、ヘッドの重さやシャフトの重さ、硬さが違うので、自分に合ったクラブを使う必要があるわけですね。スライサー用のドライバーやフッカー用のドライバーなどもありますよ。

 

上級者ほどショップで入念に試打し、自分に合ったクラブを使います。使うクラブによって自分のスコアが変わることを理解しているからですね。クラブを変えただけでボールが曲がらなくなることもよくありますので。

 

100切りを真剣に目指すなら絶対に試打した方が良いですよ。

ショートゲームが上手くないこと

ショートゲームは100ヤード以内のアプローチとパターのことです。断言できますが、100切りできない方はショートゲームが上手くないことがほとんどです。ショートゲームが上手くなれば、確実に100は切れますので。

 

200ヤードのドライバーショットも1打ですし、50ヤードのアプローチも1打ですし、1メートルのパターも1打です。カップまでの残り距離が短くなるにつれ、より高い精度が求められるわけですね。

 

上級者が調子の悪い日でもそこそこのスコアで回れる理由は、ショートゲームが上手いからです。パーオンできなくても、アプローチとパターで凌げるのでパーを取ります。悪くてもボギーで収まるわけですね。

 

ショートゲームが上手くなるために、ショットの7割くらいをアプローチウェッジやサンドウェッジに費やすべきです。100切りを目指すゴルファーはウェッジを握る回数が多いはずので。上級者でも練習の半分はアプローチをしていますので。

 

パターは自宅で練習用のマットやカップを用意すれば毎日練習できますよね。1ラウンドで3パットを何度もやってしまうと100切りは難しいですので、必ず毎日練習するべきです。

コースマネジメントができていないこと

コースマネジメントがしっかりできていますか?100切りする上でコースマネジメントは非常に重要です。上級者ほどコースマネジメントが上手いので、良いスコアでまわることができます。

 

例を挙げると、ピンまで残り200ヤード、ウッドがナイスショットすればグリーンオンしますが、グリーン手前にはバンカーがあります。この状況であなたならどうしますか?グリーンを狙いますか?バンカー手前に刻みますか?

 

結論ですが、人によって得意なクラブや考え方が違いますので正解はありません。バンカーが得意な人もいれば、苦手な人もいますよね。バンカーが好きならグリーンを狙えば良いですし、苦手なら手前に刻めば良いわけです。

 

100切りできない方は上記のようなコースマネジメントをせずに、ピンまでの距離とクラブだけを考えて機械的にショットしているかもしれません。

 

重要なことは自分の得意なクラブや距離、シチュエーションなどを把握し、コースマネジメントしていくように思考することです。コースマネジメントは奥が深いですので、色々と学ぶ必要がありますよ。

OBの回数が多いこと

男性ゴルファーに多いですが、OBの回数が多いことも100切りができない原因の一つです。OBを打ってしまうとスコアを取り返すのが難しいです。パー4でOBを1回出すと良くてダブルボギーになってしまうので。

 

OBが出ると精神的にもきついですので、なるべく避けたいですよね。対策としてはボールを曲げないことでして、そのためには正しいフォームを身につけてショットを安定させることが重要です。

 

私も100切りできない時期は1ラウンドでOBを2、3発打っていました。ドライバーで大きく曲げ、何度OBに打ち込んだことか。原因は正しいフォームが身についておらず、安定感がなかったからです。(ドライバーがずっと酷かったので、アイアンでティーショットを打つことも多かったです)

 

また、コースのどこにOBがあるかを事前に確認し、OBのない方を狙うことも一つの手段かと。初級者のうちは周りを見渡す余裕がないので、あまり考えずに打ってしまいがちですので。

【保証付き】レッスンプロから習うのが確実です

100切りに最も効果的なのは、ゴルフスクールに通うことです。なぜなら、プロのレッスンを受ければ自分のフォームをすぐに修正してもらえるからです。レッスンプロはわかりやすく教えてくれるので無駄がありません。

 

我流で練習すると自分の練習方法やフォームが正しいかどうか判断できません。私は1年間スクールに通いましたが、スイングの基礎を叩き込まれたので1年で100切りできました。

 

タイガーウッズでさえ、ティーチングプロを雇って練習をします。流石に個人でティーチングプロを雇うのは難しいですが、スクールに通えば可能ですよね。

 

短期集中型で上達するならライザップゴルフがおすすめです。少し費用がかかりますが、これから何十年もプレーできるゴルフへの投資と考えたら、悪くない選択だと思います。無駄な練習時間や無駄なボール代を削減できるので割とお得です。

 

2ヶ月のレッスンで9割のスクール生が100切りできてます。ライザップの徹底したサポートや豊富なノウハウがあるからできることです。月々1万円で充実したサポートが受けられますので、飲み会を2回我慢すれば、上手なゴルファーの仲間入りできますよ。

 

※全額返金保証付き

ライザップゴルフで無料体験を受ける

まとめ

今回は「100切りできない原因を解説します【解決策あり】」を解説しました。ブログのタイトルにもある通りでして、100切りに才能は必要ありません。

 

私の友人で、ゴルフが全く上達せずに平気で150叩いていましたが、それでも100切りができました。正直センスはなかったですが、私のアドバイスを聞いてから上達できた感じでした。

 

重要なことは正しい努力を継続することでして、これが意外に難しい。これから何十年と続くゴルフ人生、1年間頑張れば私のように100切りできると思いますので、頑張ってください。

 

※全額返金保証付き

ライザップゴルフで無料体験を受ける
ABOUT ME
Daisuke
Daisuke
ゴルフ暦7年目のゴルファーです。1年で100切り、ベストスコア80を達成しました。初心者が上達するための練習方法やゴルフニュースを発信します。