100切り

100切りができない理由ベスト5を発表します

どうしても100が切れない。練習場では良いのに、コースに出ると全然ダメ。ゴルフが嫌になってきちゃった。

 

こういった方向け。本記事で説明します。内容は3分くらいで読めます。

 

本記事の内容

 

・100が切れない理由ベスト5

・100切りは案外簡単です

・ゴルフは楽しめれば、十分です

 

 

上記の3点を説明します。

・100が切れない理由ベスト5

 

100が切れない理由ベスト5をまとめてみました。

 

 

1. アプローチが苦手

2. パターが入らない

3. 大きなミスが多い

4. 練習量が足りない

5. コースマネジメントの改善

 

 

このトップ5を改善すれば、スコアは伸びますね。

 
アプローチが苦手

100が切れない方で、アプローチが苦手な方は多いと思います。ぶっちゃけアプローチの苦手意識がなくなれば、100は簡単に切れます。

 

アプローチが上手くなるためには、距離感とコントロールが重要です。練習場では、看板を目印に100ヤード、50ヤードと距離と方向を意識して練習をしましょう。

 

看板に狙って、近くに寄せられるようになると、あとは実戦のみです。リアルなラウンドで、練習場で行ってるようなアプローチを意識しましょう。

 

練習場ではコントロールが良くなっても、本番では全然コントロールできない人は多いと思います。

 

コントロールは練習を積めば、必ずアップします。そして、自信がつけば、本番でもピンにガンガン狙っていけます。

 

パターが入らない

3パットしてしまう。1メートルのパットを外す。など、パターの悩みは尽きません。パターには、これが絶対正しいという王道はありません。

 

1番意識することは、自分に合ったパッティングスタイルを確立することです。

 

そして、パッティングスタイルを決めて練習します。パターも自信がつけば、ガンガン入るようになります。

 

ゴルフはメンタルスポーツです。特にパターは神経を使います。あまり難しいことは考えすぎずに、自分が感じた感覚で打ちましょう。

 

パターの距離感が良くなるには で詳しく記事にしていますので、良かったら参考にしてみてください。

 

大きなミスが多い

 

OBやダフリ、トップ、チーピン、シャンクなど大きなミスは極力避けたいですよね。100が切れない方は大きなミスが多いと思います。

 

スコアを縮めていくには、ミスの幅を小さくすることが大事です。

 

ゴルフはミスをするスポーツです。ミスはプロでもするので、仕方ありません。しかし、上級者ゴルファーのミスは、そこまで大きなトラブルになりません。

 

上手い人のミス→大きなトラブルにならない

100が切れない人のミス→トラブルショットになる

 

100を切るためには、なるべくミスを小さくしましょう。練習するしかありません。それで、自信をつけましょう。

 

練習量が足りない

 

シンプルに練習量が少ない可能性も考えられます。100切りは簡単ですが、それなりに練習は必要です。

 

週に1度は、打ちっ放しで練習することをオススメします。1回の練習で、100球〜150球ほどで良いです。

 

200球、300球と打つ人も多いですが、そこまでやるのはしんどいし、集中力が続かないと思います。

 

練習をすれば、自分の球質や癖、得意なショットや苦手なショットが見えてきます。試行錯誤は絶対に必要です。

 

コースマネジメントの改善

 

コースマネジメントとは、コースの戦略です。コースは攻め方があります。安全に攻めるか、危険を承知で攻めるか、自分の技量で可能か、など思考します。

 

コースマネジメントを本気で取り組み、戦略をきちんとたてるだけで、スコアはおよそ7打は変わります。

 

ショットが悪くないのに、100が切れない人は、マネジメントを勉強してみるのもありですね。

・100切りは案外簡単です


100切りは思っている以上に簡単です。自分も最初の頃は、100切りできずにつまずいている期間がありました。

 

自分にセンスはないのかな?どうして、ダボやトリを打ってしまうのか。スタート前はやる気いっぱいだったけど、始め3ホールで萎えた。など、色々伸び悩んでいました。

 

ゴルフは経験です。経験量で差が出ます。ゴルフの場合は特にそうです。

 

100が切れない期間は、あまり難しいことを考えすぎずに経験だと思って耐える期間です。

 

ある程度、経験を積めば、「ゴルフってこういうものか。」と分かってきます。ゴルフを始めてすぐに結果が出る人はほとんどいません。

 

100切りゴルファーの割合と達成期間とはで説明している通り、100を切るまでには、それなりの練習と時間が必要です。

 

試行錯誤さえできれば、年配の方や女性にでも、100切りは可能です。だから、伸び悩まれてる方は、耐えるべきときかもれません。

 

・ゴルフは楽しめれば、十分です

 

 

ゴルフは楽しむことが1番大切です。楽しくゴルフできれば、少々スコアは悪くても気にならないと思います。

 

もちろんゴルフの腕前を上げることも重要ですが、それ以上にゴルフ友達を大切にしてください。

 

楽しく回れる人がいれば、超楽しいですし、雰囲気の良い組みだとスコアは良いです。

 

まとめ

 

今回は、100が切れない人がやりがちなミスや、原因を紹介しました。頭を使って、効率良く練習することも大事ですが、練習量も必要です。

 

練習してゴルフを理解し、自信をつければいいのです。ゴルファーの8割が100を切れませんが、100切りはそこまで難易度は高くありません。

 

正しい練習をきちんと行い、経験と自信を積み上げて、100切りを達成しましょう!




ABOUT ME
Daisuke
Daisuke
ゴルフ暦3年の大学生ゴルファーです。ベストスコアが78で、平均スコアは85です。ゴルフスクールで学び、半年で100切り達成。(15ラウンド目くらい)100切りに才能は必要ないことを証明していきます。