ドライバー

ドライバーがフックする原因は5つだけ【フックしない方法】

フッカー
フッカー
ドライバーがフックしてしまう。ティーショットでフックでOBが出て辛い。解決策はないのかな。

 

こういう方向けです。

ドライバーのフックはスライスよりも厄介。なぜならコントロールするのが難しいからです。

しかも飛距離は出ませんし、OBになる確率も高いからです。

したがってドライバーのフックはあまりオススメできません。スライスした方がまだマシなくらいです。

 

今回はフックに悩んでいる方がフックを解消して、ドローボールやストレートボールに近い球筋に改善する方法をお伝えします。

 

それでは具体的な説明に入っていきますね。

 

ドライバーがフックする原因は5つだけ

ドライバーがフックする原因は5つだけです。

 

ドライバーがフックする原因

・フックフェースになっている

・インサイドにクラブを上げすぎ

・手打ちになっている

・体の開きが遅い

・重心が右に残っている

 

この5つに注目できればフックは改善されると考えられます。

とは言っても試してみないと自分に合うかどうかはわかりませんので、試してみてください。

それでは具体的に説明をしていきますね。

 

フックフェースになっている

フックフェースになっていることがフックの原因です。

要するに、フェースが左を向きすぎているということですね。フェースが左を向いていると当然ボールは左に飛んでいきます。

 

基本的にはフェースは目標に向かって真っ直ぐ向くものです。

フェースが被ってしまうとボールが左に飛ぶことは避けられません。

 

フェースを被さないようにするには、ゆっくりとスイングして自分のスイングの軌道を確かめることが大事です。

 

したがってショット前に行う素振りは丁寧に行う必要があります。

フックフェースになっていないか確認をして、自分のスイングを確かめましょう。

 

インサイドにクラブを上げすぎ

インサイドにクラブを上げすぎている可能性があります。

テークバックで少しだけクラブをアウトサイドに上げるようにしてください。

 

クラブをインサイドに上げすぎるとフックボールは出やすいです。いい感じにインサイドアウトに打てればドローボールになるのですが。

 

テークバックを少しだけアウトサイドに上げて打つことで、少しスライス系のスイングになるので、ストレートやドローになりやすいです。

 

これでスライスになってしまうなら、テークバックをアウトサイドではなく真っ直ぐ上げるようにすれば良いと考えます。

 

ここら辺は個人の体格やパワー、スイングの癖などで差が出るのでちょうど良いテークバックを見つけてみましょう。

 

手打ちになっている

手打ちになってしまうとフックになりやすいです。

人間の手は器用なので、手打ちになってしまうとフェースがバラバラになってしまいます。

 

手打ちをすることはやめて、体全体でスイングをすることが重要となります。

 

体の開きが遅い

体の開きが遅いとフックしてしまいます。

一般的にクラブがボールに当たってから体を回転していきますが、この体の開きが遅いとフックしてしまうことが多いです。

 

スライスをする人は体の開きが早いわけですね。一方でフックをする人は体の開きが遅いわけです。

 

クラブの軌道が良いけど、フックがひどい方は体の開きを少しだけ早めてみましょう。

 

重心が右に残っている

重心が右に残っているとフックになりやすいです。

打ち終わった後に右足重心になっていないか確認が必要となります。

 

基本的には打ち終わったら左足重心となるので、ボールは真っ直ぐ飛ぶのですが、フックは右足重心となっていることが多いです。

 

この原因は頭を残しすぎていることも考えられます。

スイングするときはヘッドアップをしてはいけない!というのは正しいのですが、ずっと頭を残していくことも良くありません。

 

打ち終わって右目でボールを追うくらいの余裕が必要です。

ヘッドアップしないようにするが故に、右足重心になっていたら結果的にマイナスですので気をつけましょう。

 

ドライバーのフックを直す練習法

それではより具体的なドライバーのフックを直す練習法をご紹介していきます。

 

ドライバーのフックを直す練習法

・クラブの軌道を意識する

・左手一本でスイングする

・オープンスタンスで打つ

 

クラブの軌道を意識する

クラブの軌道を意識してみましょう。

フックになっているときは、クラブをアウトサイドイン気味に振ってみてください。

 

アウトサイドインはスライスになる軌道なので、フック系のボールが出る方にはちょうど良いと思います。

 

左手一本でスイングする

左手一本でスイングしてみてください。

フックするときは右手に力が入っているのでフェースが被ってしまいます。

フックフェースになってしまうとフックすると説明しましたよね。

 

左手一本でスイングするとフェースは被りづらいです。

これでフックフェースは解消できますね。なお、右手は少しだけ添えてもOKです。

 

実際のドライバーショットでは左手重視の右手を添えるのが理想なので意識をおきましょうね。

 

オープンスタンスで打つ

オープンスタンスでぜひ打ってみてください。

さくら
さくら
左足を少しだけ後ろに引いて、左を向いて打つということですね。

 

オープンスタンスで打てば、フックはほとんど出ません。

しかも左を向いて打てば、スライス系のボールをイメージしやすいので、良いボールが出ます。

 

オープンスタンスで打って、フックが治るケースは良くあるので試してみてください。

 

まとめ

今回は「ドライバーがフックする原因は5つだけ【フックしない方法】」について解説しました。

 

ドライバーのフックはスライスよりも厄介です。初心者よりも中級者に多い傾向だと感じます。

ドライバーは飛ばすクラブとはいえ、コントロールも重要なのでフック癖は直しておきたい。

 

フックを克服できれば、力強いドローボールを打てるので頑張っていきましょう。

ABOUT ME
Daisuke
Daisuke
ゴルフ暦3年の大学生ゴルファーです。ベストスコアが78で、平均スコアは85です。ゴルフスクールで学び、半年で100切り達成。(15ラウンド目くらい)100切りに才能は必要ないことを証明していきます。